品揃えを組み立てる場合、通常は部門、品群、品種と商品を編成し、最後に品種の中で品目の選定と配列を決定していくが、部門の段階で取り扱い部門を拡大すること。なお、縮小することを専門化という。部門単位での適正規模がないのにやたら分野を拡大することを、悪い意味で総花化(総花的)ということもある。小売業革新の進展を説明する理論仮説の1つにアコーディオン理論があるが、これは総合的な広い商品を品揃えする小売業と専門的な狭い商品を品揃えする小売業とが交互に出現し、共存することによって小売業革新が進展するという考え方で、スタンレーC・ホランダーにより命名された。

この記事をいいね!する