多くのチェーン店を持つ企業が商品を仕入れる場合に、本部で一括して集中的に商品を仕入れること。各店のこれまでの販売動向などを分析して各店にふさわしい仕入量を設定し、全店分をまとめ大量に商品や原材料を仕入れることでコストの削減ができる。また、本部が一括して仕入れることから品質についても統一することが可能となる。ただし、これが徹底されると、各店の品揃えの差は品目ごとの量の違いのみになってしまい、各店の個性が打ち出しにくくなることには注意が必要である。