医師の処方箋なしで買える一般用医薬品(大衆薬)などを活用し、一般の人が医師に頼らず情報を収集して自らの健康に気を配ることを促す考え方のこと。