企業が活動の結果、業績が目標を上回った際に獲得した成果を割合を決めて配分するという考え方または制度。一般的には、①株主に対する配当、②消費者への還元、③社員に対する報酬、④企業に対する社内留保に分けて配分される企業が多い。