仕事の成果を基準に評価し、それに応じて給与などを支払う方法のこと。「成果による管理」「リザルツ・マネジメント」とも呼ばれる。従業員の仕事への意欲を高めるとされるが、成果をすべて個人の仕事に帰属させることは困難である。例えば販売員の販売実績は前任者のつながりによるところが多く、評価が難しい。