規模を大きくすることで得られる効果のこと。規模が大きいほど生産性や効率が向上したり、コストが減少するメリットをいう。多くの分野で見られるが、スケールメリットは無限には働かず一定規模を超えるとかえってコスト高になる場合もある。