仕事の目的・方法・手順、労働の質と量、作業環境などの職務内容および他の職務との関係を明確にするために個々の職務の内容を分析すること。職務や組織の改善のほか、職務評価のために用いられる。職務分析における主な分析項目は次のものがある。①具体的な仕事の内容や目的や作業手順、②職務遂行において必要とされる知識や能力、③精神的または身体的負荷の程度、④職務に関する権限や責任の範囲、⑤その他(職務が行われる職場環境など)。