食品を摂取する際の安全性及び一般消費者の自主的かつ合理的な食品選択の機会を確保するため、食品衛生法、JAS法及び健康増進法の食品の表示に関する規定を統合した食品の表示に関する包括的かつ一元的な法律。2015年4月に施行された。加工食品は5年間(2020年3月31日まで)、生鮮食品は1年6カ月(2016年10月1日まで)の経過措置猶予期間中に新基準による表示に変更しなければならない。