2003年に食品の安全性を確保するための基本法として制定された法律。食品安全の基本理念のほか、国、地方自治体及び食品関連事業者の責務と消費者の役割、施策の策定にあたっての留意事項を定める。

この記事をいいね!する