製造者や販売者などが販売した商品を定められた方法で保存した場合、その商品の品質(味や風味など)を保証する期限であり、比較的品質劣化が遅い商品(品質が保たれる期間が5日を超える商品)に対して表示が義務付けられている。品質が保たれる期間が5日以内の商品(弁当、惣菜、日配品など)には「消費期限」の表示が義務付けられている。いずれも開封前で保存方法が特に明示されていないものは常温での保存が可能である。