期末時点での「あるべき在庫売価高」(期末帳簿在庫売価高)と「実際にある在庫売価」(期末実地棚卸売価高)の差額のことであり、実際の売上高に対するこの差額の比を「商品ロス率」という。商品ロスの発生要因は盗難(万引)といった「外部不正」によるものや、業務管理・オペレーションの不備から発生する「業務管理ミス」などが主な原因として挙げられ、この原因はさらに物理的に商品がなくなる「物理的ロス」と、人的ミスやデータ管理ミスなどから発生する「理論的ロス」に分類することができる。