商品管理実行のために何らかの基準で商品を区分して、まとまりをつくること。品揃えや売場づくりのために行うものを指すことが多い。この場合の商品分類は、ディビジョン、デパートメント、ライン、クラス、アイテム、SKUと何段階かの階層を成す。これを「商品分類体系」といい、組織体系に対応しPOSなどのデータ管理の単位としても重要な役割を果たす。生産体系別といった販売側の都合からではなく、顧客の買い方や使い方からの分類がポイントとなる。

この記事をいいね!する