消費者の保護や利益を守る社会的な運動のこと。日本では高度成長期の物価高騰や有害食品などをきっかけに盛り上がりを見せた。その後、企業が消費者の利益を積極的に配慮するようになり、「運動」としては沈静化した。