商店街が構成されている地域において事業者が共同経済事業及び環境整備改善事業を行うための法人化組織(商店街振興組合及び商店街振興組合連合会)について定めた法律。1962年に制定された。地域内の中小小売業者だけではなく、サービス業や大企業、その他の非事業者も定款で定めることによって組合員になることができる。1959年の伊勢湾台風後の復興を機に制定されたもので、異業種の業者による地域を基盤とした活動の展開を期待している。

この記事をいいね!する