ある店舗や商業施設が影響を及ぼす地理的な範囲のこと。店舗に来店する可能性がある顧客が居住あるいは勤務している地域をいう。最も来店頻度の高い地域を1次商圏、それに次ぐ地域を2次商圏、さらに劣る地域を3次商圏と区分けし、店舗までの到達距離や来店手段による所要時間で判断される。日常的な商品やサービスでは商圏が狭く、非日常や高額なモノは商圏が広くなる傾向がある。

この記事をいいね!する