商品の需要を短期または長期で予測すること。需要の変動要因を分解してデータ化し、複数の予測手法を組み合わせて行われる。企業はこの需要予測に基づいて、短期的には生産計画や販売計画を策定し、中長期的には設備投資や採用の計画を行う。