商品の売上高や出荷額の大きさなどの重要度に応じて管理することによって、全体としての管理効率を高めること。在庫管理や販売管理などに用いられる分析手法としてよく使われるのがABC分析である。これは、販売構成比の高い順にA、B、Cの3つのグループに分類し、貢献度などでメリハリをつけて管理するというものである。一般的にCに分類された商品は改廃の対象候補となることが多い。

この記事をいいね!する