陳列してある商品全体のうち顧客が実際に目にした商品の割合のこと。顧客は事前に買物リストを持っているとは限らず、商品を見て認識することによって購買意欲が呼び起こされることが多い。商品を目立たせて、この数字を上げることが売上げにつながる。