計画した販売高に対し極端に売れ行きが悪く、販売中止が無難と判断される商品のこと。実用的には、決められた期間内のABC分析を行った場合はCグループに入る商品で、店舗全体の商品回転率に悪影響を及ぼす。ただし、陳列やPOPなど販売方法によって売れ行きが異なるので、販売中止の判断には注意が必要。