その商品が最低陳列量を下回った状態になることを品切れというが、それを防ぐこと。品切れ防止策としては、販売・発注数量の把握、客数の予測、情報の把握が重要となる。ただし、発注量が多くなり過ぎると売れ残りロスが発生する危険性がある。

この記事をいいね!する