商品が一定の在庫量になると自動的に発注する仕組みのこと。取扱品目が多岐にわたる場合、適切に発注作業を行うには相当な人手が必要であるが、自動発注は人手を省き発注作業の確度を高める。売れた分だけ自動発注するものから、需要予測をして発注量を自動的に決めるものなどいくつかのレベルに分かれる。既に多くの企業が導入してメリットを享受しているが、一方で単純・簡単にし過ぎて稼働後の課題把握がしづらいなどのデメリットもあり、総合的に対応する必要がある。

この記事をいいね!する