全市場を共通の購買態度や行動、その他の類似の特性を持つもので小さく市場を区分すること。全体を1つの市場と捉えるよりもきめ細かな対応が可能になるが、どのようにグルーピングするかは先見的に与えられているわけではなく、企業の活動が市場の区分をつくり出していく。

この記事をいいね!する