企業の所有し運営する財産(金とモノ)と権利(債権)の合計で、流動資産と固定資産に分けられる。1年以内に現金回収の可能性のある資産を流動資産といい、流動資産は、現金預金、受取手形、売掛金、商品などが該当する。固定資産は現金回収に1年を越す資産で、土地、建物、構築物、車両運搬具、権利金などである。経営規模が大きくなるにつれ、資産、特に固定資産が増加してくる。固定資産は、資金繰りを悪化させないために、自己資本あるいは長期借入金をもって取得することが望ましい。

この記事をいいね!する