総資本に対する自己資本の比率。総資本のうち返済の必要のない資本を自己資本といい、株主から出資された出資金、剰余金、準備金、自己株式等から構成される。一般に自己資本比率が高いほど負債(借金)が少ないことになり、借入金利の負担が少ないこと、資金繰りが楽である等の理由から健全な経営であるといわれる。ただ、過大な自己資本がありながら適当な投資が行えない場合、株主から配当を増やすよう圧力が強まる場合がある。一方で、自己資本比率の低下は負債の比率が高まることを意味しており、資金繰りが苦しくなり経営破たんにつながることが多い。一般に自己資本比率が40%以上であれば倒産しにくい企業といわれている。