労働基準法に定められた法定労働時間(1日8時間、1週40時間)を超えて働いた労働時間のこと。ただし、緊急要件(災害など)を除いて労使における36協定(労働基準法第36条に基づいて時間外労働を認める労働組合との事前の協定)を締結し労働基準監督署に届けなければ、使用者(雇用者)は労働者に時間外労働を命令できない。また1カ月の合計が60時間までの時間外労働時間及び深夜労働については、通常の労働時間の賃金の2割5分の割増賃金が発生し、月間で60時間を超えた時間に対しては5割増しとなる。休日労働に対しては通常の労働日の賃金の3割5分以上の割増賃金の支払いが必要である。

この記事をいいね!する