生産者と消費者が直接取引を行うことで流通業者を通さずに直接消費者に商品を届ける形式のこと。小売業における産直としては、小売業が問屋や農協、卸売市場などを通さず自ら産地と直接取引して自らのリスクで集荷配送を行い、流通経路を省くことで、それによってより安くより新鮮な商品を確保することができる。ただし、特定の産地で調達できる商品は限られるほか、入荷量が安定しにくいという課題がある。