企業が取引先との資材調達や受発注、物流、在庫管理などをITなどを活用して一貫管理する経営手法のこと。略してSCMといわれることもある。先々の需要を高い精度で予測し、変化があれば生産や調達を柔軟に調整し全体を最適化する。

この記事をいいね!する