商業施設の多くで採用される坪当たりの固定賃料と売上変動による歩合賃料の併用型賃料契約制度のこと。かつての商業施設は固定賃料が一般的であったが、借主(出店者)のリスクに配慮して売上歩合制が導入されるようになった。それをベースにしながら貸主に最低限度額を保証したものが最低保証制度であるが、借主の力が強くなればなるほど最低保証ラインが下がるといわれている。