棚卸資産の評価・費用化の方法の1つで、評価・費用化の時点ごとに直前に仕入れた棚卸資産の単価を活用して、原価の計算や棚卸資産の評価を行う方法。売価還元法と対比され、最終取得原価法と呼ばれることもある。仕入価格は仕入れた時期によって異なるため、どの価格をもって評価・費用とするかは問題であるが、最も仕入れ(取得)した時点に近い価格をもって評価・費用とする方法。

この記事をいいね!する