ある一定時点における企業内の原材料・仕掛かり品・製品などの量のこと。小売業の場合、店舗に陳列された店頭在庫と倉庫に保管された在庫の合計を指す。かつては在庫を保有することによって需給調整を行ったが、近年では多頻度小口配送が可能になり、倉庫の在庫を極小化する傾向にある。変化が激しくなり、在庫が資産として維持できず不良在庫になる可能性が高まったことを反映している。