1947年に制定された失業保険法を改正し、1974年に制定された法律。労働者が失業した場合に支給される失業給付や雇用の安定と就職の促進を目的とする教育訓練給付、雇用継続給付について定められている。雇用保険の機能を充実・強化していくために、改正を繰り返すことですべての雇用者のセーフティネットの役割を果たす。