不況などによる業務減少などに対して行う過剰の労働者を調整すること。最近では事業再構築(リストラ)によるケースも増えている。調整方法はさまざまであり、残業規制や配置転換、出向、中途採用の削減、パートタイム労働者の解雇などがある。労働者1人に割り当てる業務の数を減らし、その分、複数の人数で分かち合うワークシェアリングも雇用調整の1つの手段として実施されてきている。

この記事をいいね!する