頭部にある小判状の吸盤で大型のサメなどに吸い付き、身を守りながらエサなどのおこぼれをもらっているコバンザメを模して、小型店などが集客力のある商業施設や店舗などの近くで商売を行う方法のことをいう。自らの集客力がなくてもある程度の集客が見込めることからこう呼ばれる。