チェーンストア経営において各個店が店長判断で独自に対応すること。チェーンストア経営では本部主導型の標準化された経営によって効率化を達成してきたが、その結果として地域の独自性に対する対応が不十分となる嫌いがあった。その点を反省し、標準化の要素を残しつつも、地域のマーケット事情をも反映させた1店舗レベルでの顧客対応力を強化することによって、よりきめ細かな顧客対応をすることができるようになった。