個人情報の取り扱いに関連する法律で、5,000件以上の個人情報を個人情報データベースなどとして所持し事業に用いている事業者を個人情報取扱事業者とし、個人情報の取り扱いに特別の配慮を求めている。取扱事業者は主務大臣への報告やそれに伴う改善措置に従わない場合は刑事罰が科せられる。