一定期間内に顧客が商品やサービスを購入する頻度のこと。購買頻度は購買する商品・サービスによって大きく異なる。食料品や日用消耗品などはストックがなくなると購入する必要があるため、その期間のサイクルが購買頻度となる。一方、電化製品などの耐久消費財などは、耐用年数によって購買頻度は規定される。この購買頻度を上げるためにはアフターサービスやDM、イベントの告知などをうまく利用し、顧客とのつながりを確保することが重要となる。