荒(粗)利益率×商品回転率で表される経営効率の指標。商品が効率よく利益を生み出しているかを測る。荒利益率が高くても回転率が低ければ、利益はそれほど大きくならない。逆に、荒利益率が低くても、回転率が高ければ多くの利益を挙げることができる(薄利多売)。その両者を勘案した指標であるが、オペレーションに必要な経費を考慮していないので、交差比率だけで業種・業態の異なる事業を比較するには注意が必要である。