売上高から変動費を引いたもので、利益と固定費の合計に相当する。限界利益とも呼ばれる。損益分岐点の売上高では貢献利益が固定費と同じになり、固定費をちょうど回収することができる。売上高がそれ以上になれば、貢献利益は固定費を回収してなお利益を出すことができる。