国民の生命、健康、財産を守ることを目的として1950年に制定された法律で、地震や火災などに対する建築物の安全性や良好な市街地環境を確保するために、建築物の敷地・設備・構造・用途についてその最低限の基準を定めている。建築法規の根幹をなす法律で、既存の店舗の維持・管理をしたり店舗を新規に出店するためには、この法律に基づくことが求められている。

この記事をいいね!する