売買が行われたとき、買い手が購入代金を現金で支払うこと。売り手から見れば、その時点で確実に代金回収が完了する。小売業の場合、消費者への販売は大半が現金払いであるが、商品の仕入れ時には手形などの繰り延べ払いが多い。仕入れ時の現金払いには現金割引が適用されることが多い。

この記事をいいね!する