売上に対する売上原価の割合のこと。売上原価率が低いほど利益率は高くなる。小売業自身がリスクを負う自主企画商品やPB商品は、一般の商品に比べて原価率が低い。