固定資産の購入費用の認識と計算の方法の1つ。固定資産は取得(設備投資)時に多額の費用(投資)を必要とするが、それは長期にわたって使用されるため、費用を使用期間にわたって配分する手続き。減価償却費という名目で費用計上され、それによって過去の投資額が帳簿上回収されることになる。取得原価を耐用年数で割って毎年同じ額を償却する定額法と、初期に多くの額を償却する定率法がある。