計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保し、経済の発展及び文化の向上に寄与することを目的とする法律。1951年に制定され、1992年に全面改正された。元来は日本における計量の基準を定める度量衡法であったが、現在では国際的に計量基準を統一すること、各種計量器の正確さを維持するためのトレーサビリティの維持を主な目的としている。