勘や経験によるのではなくデータに基づいて企業経営を行うこと。企業の経営活動をできるだけ計量的に捉え、その数字を利用することによってマネジメントしようとする。従来は財務会計上のデータが活用されたが、今日では管理会計はもちろん、数理統計の手法やOR(オペレーションズ・リサーチ)の手法など全ての分野のデータが活用される。