等級のことで、店舗や商品の格を表す。一般的にハイグレードというと高級な店、高級な商品ということになる。その高低の基準は価格政策で決定される。また、標準化が困難な農畜水産物を一定の基準に基づいて商品の等級に区分することであり、品質判断の目安となる。農産物の場合、各JA農協によってその基準が設定されている。基本的な基準として特秀・秀・優・良・○・無印の6階級または特A・A・B・○・無印の5階級や、LL、L、M、S、無印の5階級など、品質やサイズにより等級分けの方法はさまざまである。