就業規則(もしくは労働協約)で定められた就業時間のこと。ただし、休憩時間は含まない。早出、残業、休日出勤は労働時間外勤務となる。労働基準法では、原則として1日8時間以内、または1週で40時間以内と定められている。これは労働衛生上の最低線であり、これ以上になると健康に影響が出て余裕もなくなるとされている。従って、労使間で労働時間の延長や休日出勤について書面で協定(36協定)の締結、時間外勤務の割増賃金、婦女子年少者の就業制限などの法的制約がある。