著しく事実に相違していたり、実物より著しく優良であると誤解させるような表現を伴う広告のこと。広告に関する苦情やトラブルの大半を占めるものであり、不当表示は業界全体の信用にも関わるため、景品表示法をはじめとする法規制や業界の自主規制は不当広告の排除を最大の眼目にしている。