複数の小売店などが仕入れにおける規模のメリットを享受するために共同して行う仕入れのこと。メリットとしては数量割引の適用、低価格の仕入れ、物流費用が圧縮できることなどが挙げられる。半面、会員店舗の個性に対応できなかったり、即応性・機敏性がなくなるデメリットもある。共同仕入機構などを通して行われることが一般的である。