競合企業の競争力を低下させ、自社の市場支配を確立させるための戦略のこと。自社のポジションを改善するためには他社とは異なった独自の戦略行動を選択することが必要であり、マイケル・ポーターは競争戦略を以下の3つに類型している。相手より低コストを実現する「コスト・リーダーシップ戦略」、独自性を打ち出す「差別化戦略」、特定のセグメントに焦点を当てる「集中戦略」である。