目標(予算)に対する達成度合い(実績)を評価すること。業績を客観的に評価するためには業績評価基準を明確にし、評価結果を報奨、昇進、人事異動などに反映させる必要がある。実施には誰が誰を評価するかを明確にしなければならない。重要なことは目標と実績の差異を分析して改善策を立て、次の成績に結び付ける仕組みを構築することである。